プルームテックのリキッドは自作で簡単に作れる?おすすめの香料は?

プルームテックを安く手軽に楽しみたいと考えているのであれば、リキッドを自作するのも1つの手です。

自作するときのポイントは、使う材料や香料に注意するという点です。特に香料の点は選択次第で、吸ったときに気持ちよくなるのかという点に違いが出てきます。

実際にどんな種類を選べばいいのか迷ったら、自作した方のおすすめ情報を参考にしましょう。おすすめ情報を参考にすることで、利用者が良いと思った香料からリキッドを作って試せます。

プルームテックのリキッドの種類は?

リキッド

喫煙中のニコチン離脱症状を緩和することができたり、タバコよりも健康的で副流煙の心配も少ないことから、現在急速に広がっているのが、プルームテックを始めとした電子タバコです。

海外ではすでに普及していますが、国内でも有名なブランドが上陸したので、より気軽に電子タバコを楽しめるようになりました。プルームテックは、数ある電子タバコのブランドの中でも、最も有害物質が少ないとされています。

電子タバコで禁煙などをする時には、以下に飽きずに楽しめるかという点が重要ですが、プルームテックもユーザーを飽きさせないように多彩なフレーバーのリキッドを選べるようになっているんですよ。

大まかに分けて、刺激が強いタイプのメビウスと、比較的ソフトなピアニッシモの2タイプに分かれています。メビウスは黒いカートリッジで、レッド・クーラーやメンソールフォーなどがあります。

ピアニッシモの方は白いカートリッジで、ストロベリーマンゴーなどがあります。他のブランドと比べると少なめに感じるかもしれないですが、その分厳選されていて、飽きの来ない味を楽しめます。

人気の高いフレーバーもいくつかあり、吸いごたえを求めている人はメンソールタイプを試してみましょう。

プルームテックのリキッドは自作でも作れる?

プルームテックのリキッドは自作でも作ることができます。ただしタバコの葉に含まれているニコチンは手に入りませんが、フレーバーリキッドを用いた電子タバコ的なもので良ければごく普通に手に入る材料を用いて十分に自作可能です。

必要なものとしては、まずはフレーバー、つまり香料となりますが、これはアロマテラピーが普及しているおかげもあって一般的な香料はごく簡単に見つかることでしょう。

通販サイトなどをあたってみれば、極めて数多くの香料が手ごろな値段で売られているのが分かるはずです。プルームテックのリキッドを作るために必要なものは香料だけではありません。

それではあまりにも濃度が高すぎて不適当だからです。香料を溶かして薄めるためのベースリキッドとなるものが必要です。これはグリセリンかプロピレングリコールが良いでしょう。

こちらは名前すらも聞いたことが無いという人も多いでしょうが、大き目のドラッグストアや薬局を当たってみると見つかるでしょう。ただ、もっと容易に探そうと思えばやはり通販に頼ったほうが良いかもしれません。

後は調合のための器具類が必要です。これもプラ容器やスポイトなどがあれば十分で、100円ショップで見つけることができるでしょう。

プルームテックのリキッドを自作する時におすすめの香料は?

プルームテックのリキッドを自作する時におすすめの香料ですが、おおまかに言えばフルーツ系、スイーツ系、後はバニラ、メンソールやミントなどということになるでしょう。

これらは非常に選択肢も多く、自分にあった香料が必ず見つかるはずです。この中でもフルーツ系は常に人気のフレーバーです。

グレープフルーツ、マスカット、アップル、ストロベリー、オレンジ、ピーチ、メロンなど、およそ名前の知られたフルーツの香りはだいたい商品化されていると思って間違いありません。

果物が苦手という人はあまりいないでしょうから、初めての人でも失敗が少なく、まずはおすすめしたい香料となります。スイーツ系というのは例えばハチミツやメープルシロップ、カスタードクリームなどの香りのことです。

人によって若干好みが分かれるかもしれませんが、人気のある香料の一つです。

フルーツ系やスイーツ系というのは基本的に複数の化合物をうまく調合してその香りを生み出していますが、バニラやメンソール、ミントなどはそうではなく、こちらは基本的に単一の化合物です。

もともとタバコの中にはこれらの香料を用いているものも多いですから、タバコを吸っている気分を味わいたいという人には良いかもしれません。

プルームテックのリキッドの使い方は?

プルームテックの使い方は、まず組み立てから行いバッテリーとカートリッジをつなげてカチッと音がするまで回します。

金属部分を下にしてカバーにカートリッジを差し込み、ホルダーを取り付けてカプセルを差し込みますが底面のシリコンを外さない注意が必要です。本体の使い方は電源ボタンを連続で素早く3回押して、LEDが1秒間点滅したら電源がオンになります。

LEDはバッテリーの残量が21%以上の場合には青色、20%以下になると紫色に点滅します。吸い方はゆっくりと長く吸い込み、使用時は吸気孔を塞がないよう注意して下さい。強く吸い込みすぎるとノイズ音がすることもあり、吸い込むタイミングでLEDが付きます。

使い終わったら電源ボタンを3秒以上長押しして、ボタンのLEDが3回点滅したら電源がオフに変わります。バッテリー残量が少ない時は赤く3回点滅して、6分間操作をしないと自動的に電源が切れる仕組みとなっています。

カートリッジのリキッドが漏れてお手入れが必要な場合には各部のパーツに汚れが付着していることがあり、乾いた柔らかい布で定期的にクリーニングすることがおすすめです。

定期的にカプセルホルダーは水やぬるま湯で水洗いをしておくと、匂いや汚れで本来の味と香りをしっかりと楽しむことも出来ます。