プルームテックのリキッドはどんな成分が入っている?体に害はある?

プルームテックも基本的には他の電子タバコと同様の作りなので、ニコチンなどの有害な成分は含まれています。ただ、従来の葉タバコと比べると少ないと言われています。

葉タバコは、燃焼することで多くのニコチンなどの物質が体に取り込まれてしまいますが、プルームテックは火を使わずに金属コイルでリキッドを熱して気化したベイパーを発生させそれを吸うので、ごく少量のニコチンしか体に取り込まれません。

しかし、タバコであることに変わりはなく、最近では金属を熱することで有害物質が出たり、電子タバコを使用すると免疫機能に影響が出るといった研究も発表されているので、完全に無害というわけではありません。

プルームテックのリキッドの成分は?

様々なリキッド

プルームテックのカートリッジに使用されているリキッドにはプロピレングリコールという成分が入っています。プロピレングリコールとは、無味無臭の液体で毒性が低い為、食品の添加物等にも使用されています。

よく使用されているものとしては、シャンプーや歯磨き粉、化粧品等です。何故なら殺菌作用があり、防腐剤としても効果があるからです。

プロピレングリコールは毒性が低いですが、人によってはアレルギー反応が出てしまう事もあるので注意が必要です。プルームテックを吸って、アレルギーの症状が出たら、すぐに吸うのを止めましょう。

また猫を飼っている人も注意が必要で、場合によっては猫が貧血になったり体調が悪くなる事もあるので、なるべく猫の前ではプロピレングリコールが使われているリキッドは吸わない方が良いです。

ドッグフードにはプロピレングリコールが防腐剤として入っている事もありますが、キャットフードには入っていないので、猫の体には良くない事が分かります。

基本的に電子タバコに使われるリキッドには、比率の差はありますがほとんどプロピレングリコールが使われています。比率が低いから子供や猫の前で吸っても問題ないという訳ではありません。

特に猫には少量でもプロピレングリコールが入っていれば悪影響を与えてしまうので、マナーを守って吸う事が大切です。

プルームテックのリキッドは体に害がある?

プルームテックのリキッドにもニコチンが入っているため、体には害があります。害がなければ、注意書きがなされているはずもありません。

したがって、煙草と同じようにプルームテックのリキッドを利用する場合はリスクを知ったうえで利用する必要があります。ただ、煙草は燃焼させるときにタールが発生しますが、こちらの場合はそれが発生しません。

したがって、タールによる人体の害はありません。これは、低温加熱式という方法を用いているから可能なことです。副流煙は発生しませんが、吐き出した上記にはもちろんニコチンが含まれることになります。

ただ、副流煙がないので、大気中に排出されるニコチン量は少ないです。不確かなことも多く、メーカーの話していることがすべて正しいかは怪しむべきですが、一般煙草に比べて有害物質の99%がカットされていると宣伝されています。

これが本当なら、煙草に比べれば健康に対する害は少ないと言えるでしょう。もちろん、この辺の話については多くの反論もあり、実際のところはまだわかりません。

加熱式煙草の歴史はまだ浅く、その辺の研究もまだ十分になされているというわけでもありませんので、リスクは自己判断で利用しましょう。

プルームテックはカプセルとリキッドどちらが美味しい?

加熱式タバコに分類されているプルームテックは、本物のタバコと比較すると、身体への害が少ないことになり、ニコチンは含まれているものの、タールは殆ど検出されず、加えて煙がクリーンなことも魅力的です。

プルームテックを初めて利用していて、尚且つ以前から喫煙者だった方のケースでは、ノーマル状態のプルームテックでは物足りないと感じてしまうということも少なくありません。

タバコの専用カプセルを利用してカートリッジに装着するといつでも吸うことができるという利便性があり、カートリッジには多少のリキッドが含まれています。

5個入り1箱に1本のカートリッジが付随しているので、1箱ごとに交換して利用する方法が正しい使い方です。

しかし、このカプセルで十分な吸い応えを感じることができずに後悔している方であれば、カプセルをそのままにしてリキッドを変えてみるという使い方も可能です。

別メーカーから互換品が販売されていて、カートリッジ、即ちアトマイザーに直接にリキッドを注入してから利用できるものが入手できます。

このアイテムを利用した場合は、使うリキッドで違いはあるものの、十分な吸い応えと共に美味しいタバコの風味を満喫できます。普通のカプセルでも問題が無いという方は、そのまま使えますが、別売りのリキッドを試してみる方法も間違いではありません。

プルームテックのリキッドは幾らくらい?

プルームテックの使い心地が良いと人気が出てきていますが、気になるのがコスト面です。いくら魅力があっても日常的に使うものですから、値段が高くついてしまうのでは続けて購入するには適していません。

特に消耗品であるリキッドは納得のコスパではないと、困ってしまいます。人気商品ですので、実店舗や大手通販サイトなど、いろいろなところで扱われています。

売られ方もスターターキットであったり、フレーバーの詰め合わせだったり、単品であったりします。また、値段もお店によって差があるので定価はありません。しかし、大まかなプルームテックのリキッドの値段は1箱で400円台での販売が多いです。

1箱で5本入りですので、吸える回数を考えると一般的なたばこと同等程度の値段です。初期費用として本体の値段は必要ですが、逆に言うとそれが揃えばあとは負担は増えないと言えます。

また、まとめ買いなどすると単価が低くなるケースもあるので、うまくリキッドを安く購入する手段もあります。

1本のリキッドで吸える回数は使い方や頻度などで異なってくるので、あくまでも参考値ではありますがコストパフォーマンスでも悪くはないのがプルームテックの魅力でしょう。