プルームテックが充電できない?バッテリーの寿命はどのくらい?

長く使っているとプルームテックの充電できないというケースも見られます。もしくは充電しても、すぐにバッテリーがなくなってしまうということもあるでしょう。

そのような場合には、バッテリーが寿命を迎えている可能性もあります。そもそも寿命は早くて200回、長い人でも300回の充電で切れてしまいます。

例えば強く吸っても煙が出ないという状況でも、バッテリーが寿命を迎えている可能性が高いのです。充電が切れやすくなってきた場合には、交換修理を検討することも必要です。

プルームテックが充電できない時の対処法は?

プルームテックのバッテリー
出典:価格.com

プルームテックが充電できない要因はいくつかあります。まず最初にチェックしたいのが、USBがきちんと規格に合っているものかという点です。同じようなUSBであっても、規格外では充電できません。

きちんとUSBが専用のものであることを確認したのに充電できない時には、バッテリー切れや故障の可能性が高くなりますので、交換したりサポートセンターへの連絡が必要です。

バッテリー切れの場合には、専用サイトや店舗でバッテリーを購入して自分で交換できます。単なるバッテリー切れなら交換すればすぐに使えるようになります。

故障の時にはサポートセンターに連絡しますが、保証の期間は購入日から1年となっていますので、まずは購入からどれくらいの期間が経過しているかを調べるのが先です。

保証を受けるには本体のシリアルナンバーや販売店・購入日・商品名が必要であり、無料保証規定外の故障と判断される時には有償となります。万が一のことを考えて、購入時にはJTスモーカーズIDの登録と購入証明書をきちんと保管しておくと安心です。

保証を受けられる場合にはサポートセンターから返送キットが送られてきますので、本体とUSB、アダプターを梱包して送ります。その後は1週間ほどで代替え品が送られてきます。

プルームテックのバッテリー寿命は?

維持費が高くなってしまっては利用しにくいと言えます。そこでプルームテックのバッテリーの寿命がどこの位は持つのかは重要です。使用によると充電は200回から300回程度できるのが基本です。

さらにフル充電したプルームテックは5カプセル分が吸えます。これを単純な計算にすると、200回充電できたとしたら10000万カプセル分は寿命が持つということになります。

しかし、利用する環境によって大きく差が出るので、これ以上に使えることもあれば、寒暖差がある環境や水濡れ、電流の強さなどで縮まってしまうこともあります。ですから回数はあくまでも平均的なものとして頭に入れておくと良いでしょう。

しかし、充電できないという症状が出てきたら寿命が来たと思っても良いでしょう。内部が働いていない状態ですので、いくら時間を費やしても充電は進みません。そんなときには新品に切り替えて、安全に快適に利用するのが長い目で見ても損はありません。

他にも寿命が残り少ない場合のサインとしてはバッテリーが赤ランプで点滅して教えてくれます。それを早めにキャッチして、次の新品を用意するようにすれば充電できずに使えないというピンチも防げます。プルームテックはわかりやすい仕様になっています。

プルームテックのバッテリーは何処で買える?

プルームテックのバッテリーを1本しか持っていない方もよくおられるようですが、快適なプルームテックライフを送りたい人はバッテリーを計2本持っておくことをお勧めします。

なぜならプルームテックの電池の残量は目で確認できず、電池がなくなったら突然底の赤色LEDが点滅し、つまりその時点でもう吸えなくなってしまうからです。

外出中でバッテリーを充電できない時に電池が切れた場合はショックも大きいですから、使用中のバッテリーの他に予備でもう1つ持ち歩くのがベストです。

また、電池がなくなった時に自宅など充電できる場所にいた場合でも、フル充電には90分かかるため、その間はプルームテックの吸引ができなくなってしまいます。

また、バッテリー自体に不具合が生じたり、故障したりしてしまうこともあり得ます。そうしたことを合わせて考えれば、やはり予備のバッテリーを用意しておいた方がよいでしょう。

プルームテックのバッテリーは、プルームテックの取り扱い店舗で販売しています。公式サイトで、バッテリーをはじめプルームテック製品の購入や各種サービスを受けられる店舗を検索することができます。

近くに取り扱い店舗がない場合や、店舗が開いている時間に行くことが難しい場合は、全国の主要コンビニでも扱っています。ネット通販のサイトで取り扱っている場合もありますからチェックしてみましょう。

プルームテックのバッテリーを長く持たせるコツは?

電子タバコのプルームテックの過熱は電気の力を利用するため、加熱する必要があります。ただ、中にはうまく充電できないで困ってしまったという人もいるかもしれません。

充電池は消耗品であるため、使っていれば寿命をいつか迎えることになります。そこで、プルームテックのバッテリーを長く持たせる方法に関してですがまずは充電が必要な時が来てから充電するようにしましょう。

プルームテックでは、使用中に充電が必要になると先端のLEDが赤く点滅することで知らせてくれる機能が付いています。ただ、せっかちな人は外出中の電池切れを恐れ、まだ赤い点滅が始まっていないのに充電器につなげてしまう方もいます。

よく見られる光景ではありますが、実のところこうした行為は充電池を劣化させる大きな原因になってしまうため推奨されていません。

とはいえ、電池が切れたらまた別個でストレスが溜まりがちになるため外出中もプルームテックを思う存分楽しみたいときには予備バッテリーとして互換バッテリーを使用するのも一つの方法でしょう。

充電器は、充電が完了したらそこから外しましょう。つけっぱなしにするのも劣化の原因となります。電池の最高許容周辺温度は45℃とやや低めですので、直射日光が当たる場所を避けて充電するのも長持ちさせるポイントです。