プルームテックの副流煙は紙タバコに比べると妊婦に全然害が無い?

プルームテックは他の加熱式タバコに比べれば、低温で熱しているためタバコの臭いは周りの人も気が使いないレベルですが、実施は低温の蒸気を含んだニコチンを吸ってから吐き出していますので臭いは感じなくても吐き出した蒸気の中にニコチンは含まれていますので、妊婦さんに害は無いとは言えません。

紙タバコの副流煙に比べればプルームテックから出る副流煙は蒸気なので近くで吸われても臭いを感じることは有りませんが、ニコチンは含まれていますので妊婦さんの近くで吸わないようにすることは紙タバコと同じです。

プルームテックの副流煙は妊婦や子供に害が無い?

緑の煙

一般的に売られているタバコはタバコの葉を燃焼させて吸うのですが、プルームテックはタバコの葉を独自の低温加熱方式で加熱して吸うものです。

吸い込むと中央の空気流入口から空気がプルームテック内に入り込んで作動するようになっていて、リキッドが熱されることで蒸気が発生してカプセルを通過し、タバコベイパーとなります。

通常煙にはニコチンやタール、一酸化炭素が含まれていて、副流煙によって周りの人への影響も懸念されますが、プルームテックはWHOが含有量低減を推奨しているベンゾヒレンやホルムアルデヒドなどの9つの有害物質を99%カットしているのが大きな特徴です。

吐き出したタバコベイパーにもニコチンは含まれていますが、本体から煙が出ないために副流煙による害はずい分少なくなっています。

妊婦や子供への害が全く無いと言えば嘘になりますので、できるだけ周りに妊婦などが居ない環境で吸うことが求められますが、従来のタバコと比較すると格段に有害物質の量は減っていますので害も小さいと考えるのが妥当です。

副流煙がほとんど出ないタイプは周りの人に及ぼす影響を小さくできるため、最近急激に人気が高まっています。プルームテックもそのうちの一つです。

プルームテックの副流煙はペットに害が無い?

プルームテックは煙の少ない電子タバコです。中に入っているリキッドが熱され水蒸気になることで、タバコの葉が入ったカートリッジを通ってニコチンの入った水蒸気を吸う、という仕組みになっています。

水蒸気なので副流煙は発生しづらく、においと煙も少ないため健康被害も抑えられるとされています。しかし人体に害を及ぼす副流煙が少ないからといって、ペットに対しても同じく無害であるわけではありません。

電子タバコの原料であるリキッドにはプロピレングリコールという有機化合物質が使われています。

これは猫にとって悪影響を与える物質であることがわかっており、ペットフード安全法にもプロピレングリコールを使用したキャットフードの製造および販売は禁止されています。

キャットフードのように直接接種するものではないものの、わずかな副流煙を介して吸い込んだり、毛についた物質を毛づくろいによって取り込んでしまったりする可能性があるため、まったく害がないとは言い切れないのです。

犬やほかのペットはプロピレングリコールの使用を禁止されているわけではありませんが、害がないことを証明されているわけではありません。そのため、猫に限らずペットに対してプルームテックの副流煙が無害とは断言することができないのです。

プルームテックの副流煙は紙タバコより害が少ない?

タバコと言えば気になるのが副流煙です。紙タバコの副流煙に大きな害があるのは皆さんご存知でしょうが、プルームテックの副流煙はどうでしょうか?

販売元は「健康懸念物質は、紙たばこと比較して99.9%カットしています」と説明しています。

ここで言う「健康懸念物質」とは、たばこを燃焼させることで出る煙に含まれている物質のうち、WHOが健康リスクの観点から含有量の低減を推奨している9つの物質を指しています。

具体的にはベンゾピレンやホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、それにアクロレインやN-ニトロソノルニコチンやメチルニトロソアミノ-ピリジル-ブタノン、さらに一酸化炭素やブタジエンやベンゼンです。

ところが注釈をよく読むと、「本製品の使用には、健康上のリスクが伴います」とも書かれてあります。プルームテックは紙タバコと比較すると明らかに害は小さいですが、副流煙に含まれるこれらの物質のうち、全てが安全とは言えません。

ですから、煙草を吸われない方が周囲にいる場合、特にそれが妊婦さんや乳幼児、高齢者の場合は、近くで吸うのは好ましいとは言えないでしょう。要は紙タバコを吸う時と同様、プルームテックを吸う時も周りの人に配慮するなどのマナーが大切ということになります。

プルームテックの煙は少ないから煙探知機も反応しない?

タバコの被害を少しでも減らそうとしている方が増えていることを背景にして、今ではタバコと加熱式タバコを併用していたり、完全に加熱式タバコに移行したという方も多いものです。

複数のメーカーから販売されている加熱式タバコの中にはプルームテックがあります。

この商品はバッテリーとカートリッジ、タバコの専用カプセルを装着することで使えますが、煙が少ないことから煙探知機も反応しないかどうかで不安に感じてしまうこともあると考えられます。

結論としては、プルームテックは加熱式タバコの中でも群を抜いて煙の量は少なく設定されているので、煙探知機に反応させてしまうことはまずあり得ないと言えます。

この程度で反応してしまうような煙探知機が存在しているとすると、普通の生活を送ることが困難になるようなことも十分に想定できます。

それほどプルームテックは煙量が少ない加熱式タバコなので、室内の空気や壁や天井なども汚してしまうことがありません。ニコチンは含まれていて、利用者の吸い方によって変化が出ます。

タールの問題は大きな範囲ではないと判断でき、煙を大きく吸い込むような使い方はできない仕様なので、副流煙の問題についても気にする必要はないとも言えます。