プルームテックプラスのカプセルはコンビニで買える?全部で何種類?

プルームテックプラスはスターターキットとプルームテックプラス専用のカプセルをたばこを扱っているコンビニで購入することはできますが、販売地域を徐々に拡大するため全国で購入出来るのは2019年7月以降です。

コンビニでは、スターターキット2種類とカプセル2種類でこれは他のたばこ販売店などと同じでこれからカプセルの種類が増えれば、同じように販売されます。

シリアル№の登録で、カートリッジカバーをプレゼントされるキャンペンも行っていますのでお近くのコンビニで購入するのが便利です。

プルームテックプラスとは?

プルームテックプラス
出典:Ploom TECH

加熱式の煙草の中で愛用者が多く人気が高いプルームテックが進化して登場したのがプルームテックプラスであり、従来モデルと同様に低温の加熱式ですが蒸気と煙草の葉の量が従来モデルに比べ増えているのが特徴です。

そのため、これまでも満足度が高かった吸いごたえが尚一層高くなっており、深い味わいが楽しめるようになっている上に、プルームテックプラスから初めて電源ボタンが搭載されるなど使い勝手についても向上しています。

このようなプルームテックプラスは高温の加熱式煙草で使用されているように煙草の葉を直接的に加熱するのではなく、蒸気に対して煙草の葉を含まれているため、しっかりと濃くて深い味わいが感じられるのにも関わらず身体の健康に与える影響が小さいです。

そして、カートリッジを交換するタイミングは一箱ずつなので交換する手間がかからずに楽しめますし、本体が故障に見舞われる可能性も著しく低下しています。

プルームテックプラスは、低温の加熱式煙草であるからこそ発生し周囲に漂う香りが少ないため、家族と同居していて香りを広げたくない方なども気兼ねなく味わえます。

しかも、既に従来モデルを使用している方はカプセルを引き続き使用できるので、プルームテックプラスでも馴染みがある香りに浸れます。

プルームテックプラスのカプセルは何処で買える?

プルームテックはJTが取り扱っている低温加熱型の電子タバコの一種です。プルームテックは3層構造になっているのが特徴で、一番下側はバッテリ、2番目がリキッドが入っている筒、そしてここに装着するのがタバコカプセルです。

プルームテックの最大の特徴は、バッテリーが切れるまでの間はいつでも吸引ができることです。

紙巻タバコの場合は、火をつけて吸引をすると徐々に短くなり、フィルターの近くまで来ると、それ以上吸うことはできませんが、プルームテックはバッテリーの容量が続く限り吸うことができる魅力があるわけです。

但し、タバコカプセルの寿命やリキッド部分の寿命などに応じて交換は必要になるので注意が必要です。最近は、プルームテックプラスと呼ぶ新しい製品が登場しているのですが、プルームテックプラスはコンビニやタバコ販売店などで購入することができます。

2019年5月時点ではブラックタイプとホワイトタイプの2種類が販売されており、メーカーの希望小売価格は4,980円(税込)です。

これはプルームテックプラスのスターターキットの値段で、消耗品になるカプセルはその都度コンビニやタバコ専門店で購入することができます。尚、取り扱い店舗数はコンビニが2万店舗以上、タバコ専門店が約800店舗と言われています。

プルームテックプラスのカプセルは何種類ある?

JTが発売している低温加熱型タバコの「プルームテックプラス」では、2019年5月現在、レギュラーが2種類、メンソールが2種類の、合計4種類の専用カプセルを販売中です。

2種類あるレギュラータイプの一つが、「メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス」。公式サイトの説明では、マイルドなタバコの味わいと爽やかな旨味が特徴とされており、誰でも気軽に楽しる味のようです。

もう一つが、「メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス」です。こちらは、香ばしいタバコの味わいと奥深いコクが特徴との事で、より奥深い味が期待できそうです。

メンソールタイプも2種類の展開ですが、その一つが「メビウス・クリア・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス」です。公式サイトの説明では、ペパーミント由来の爽快感とほのかな甘みが味の特徴となっており、芳醇なミント味が楽しめそうです。

もう一つが、「メビウス・コールド・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス」です。公式サイトでは、「ジャパンミント由来の氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。」と紹介されています。

「コールド」という名前の通り、強めの清涼感が期待できそうです。ちなみに、メンソールタイプで使用しているメンソールは100%天然のものとの事で、味だけでなく香りでも爽快さが感じられそうです。

プルームテックとプルームテックプラスのカプセルの違いは?

低温加熱式タバコのプルームテックの新型がプルームテックプラスです。

どちらも仕組みは同じで、カートリッジ内のリキッドを蒸気に変化させ、蒸気が専用のたばこカプセルを通過するとたばこ葉由来の成分を含む蒸気が発生するため、それを楽しむことが出来ます。

電子たばこではなく、たばこ葉が詰まった専用のたばこカプセルのみに使用できる用具です。プルームテックとプルームテックプラスのカプセルの違いは、たばこ葉の量です。

プルームテックプラスのほうがたばこ葉の量が増えているため、カプセルを通過した蒸気に含まれるニコチンの量も多くなります。

カートリッジとカプセルからなる専用リフィルは、カプセルのサイズは同じですが、カートリッジの構造が異なるため相互性はありません。

プルームテックプラスの専用リフィルは、カートリッジのリキッドもフレーバー専用にデザインされているため、プルームテックで可能であったカプセルを変えてフレーバーを楽しむという吸い方は推奨されていません。

プルームテックでは蒸気量に物足りないと感じた場合には、プルームテックプラスがおすすめです。

プルームテックはカートリッジ内部にリキッドを染み込ませる構造なので蒸気量は比較てき少なめですが、プルームテックプラスは、蒸気量を増やすためにリキッド内を内包するリキッドタンク方式となっています。