プルームテックは匂いが無いからバレない?部屋で吸っても問題なし?

電子タバコのプルームテックは匂いがないので吸っていることがバレないのではないかと考える人はいます。それは、本当といえるでしょう。

匂いはほとんど少ないです。車内や室内で仮に吸っても、副流煙などは発生しませんので部屋の壁紙の色が変わってしまうようなこともありません。

そのため、部屋で吸っても問題はないといえます。プルームテックは低温加熱式を採用しているため、匂いを発生させない電子タバコとして広く知られており室内でも吸える点から人気があります。

プルームテックは電子タバコ特有の匂いが無い?

煙を吐く男性

プルームテックでは、リキッドとたばこ葉カプセルを利用することで水蒸気を吸う形の加熱式たばこです。

紙巻たばこを燃焼させるとその独特の匂いが気になる方も多く、周囲に居る方も副流煙を吸ってしまうこともあり嫌悪されるケースも多いです。

一方、近年加熱式たばこが普及していますが、同じように周囲にいる方も嫌悪されることがあるほどで、紙巻たばことはまた違った形で嫌悪される方もおります。

実際にプルームテックも同じ加熱式のたばこでありますが、その匂いに関しては他社の加熱式たばこよりも少なく匂いがそれほどしないという評判が存在します。

プルームテックを開発したJTがカフェを想定した空間で吸い続けた実験を行った結果、ほとんどカフェの空間の空気が汚れなかったと実証されています。

もっとも副流煙による空気の汚れに関しては、もともと燃焼させた煙を発することなく、水蒸気を空気中に放出するだけで済む点が存在します。

つまり人体の健康に悪いとされる副流煙による被害がほとんどないのが良く、周囲の人のことを考えたたばこがプルームテックの特徴です。

なお他社製の加熱による電子たばこの場合、特有の嫌な匂いが生じることが多いですがプルームテックではそういった特有な匂いをしなかった点も実証されています。

多少は匂いを感じられても、紙巻たばこや他社の電子たばこと比較しても感じられないのが魅力的です。

プルームテックは匂わないから部屋で吸ってもバレない?

プルームテックは全く匂いがないわけではありません。確かに匂い自体は紙巻きたばこと比べればかなり弱く、副流煙もないです。しかし、おそらくプルームテックのわずかな匂いでも吸わない人なら感じてしまいます。

したがって、バレたくないというなら、吸わない方が良いでしょう。また、加熱式煙草は基本的にタバコと同じような扱いがなされているため、喫煙所で吸う必要があります。最近は加熱式煙草ならOKというお店もあります。

しかし、まだまだ少数派です。服には匂いが付くことはありませんから、そうした部分ではプラスですし、紙巻タバコに比べて匂いが少なめなのはメリットなので、切り替えている人はいます。

嫌な人はそれでも嫌と感じるため、非喫煙者が近くにいる場合は吸ってよいかを確認してから吸うのがマナーです。

そして、プルームテックだからといって健康にまったく害がないということはなく、プルームテック自体もニコチンを含んでいるため、健康リスクがあるということは認識したうえで利用したほうが良いでしょう。

フレーバーはいろんな種類があるため、普通の煙草以上に香りを楽しむことができます。加熱式の中では一番ベイプに近い感じの製品群となっています。

プルームテックを吸うと口臭が臭くなる?

紙巻タバコには多くのデメリットがありますが、独特の嫌な匂いもデメリットのひとつです。喫煙者にとっては問題なくても、喫煙の習慣がない人はタバコの匂いが気になります。

紙巻タバコは口臭の原因にもなりますが、匂いの原因はタールです。汚れの原因でもあるタールは、加熱することで発生します。

通常の紙巻タバコは、タバコの葉を燃焼させて吸うのが特徴です。プルームテックは、毒jの低温加熱方式でタバコの葉を加熱して吸います。

低温で蒸気が発生しカプセルを通過したものを吸う仕組みです。加熱するだけで吸うことができ、火を使わないので煙や灰の心配もないというメリットがあります。

タバコの煙には三大有害物質と呼ばれているタールヤニコチン、一酸化炭素が含まれます。普段タバコを吸わない人であっても、周囲の人がタバコを吸うと煙で被害を受けます。

プルームテックは紙巻タバコと比較して有害物質を99%カットしています。低温で加熱する低温加熱方式を採用しているので、紙巻タバコだと燃焼時に発生してしまうタールが含まれないという利点があります。

カフェを再現したスペースでプルームテックをすい続けた実験では、空気がほとんど汚れなかったという結果が出ています。プルームテックを使うことでタールによる口臭を防ぐことができ、部屋もクリーンに保てます。

プルームテックを吸うメリット・デメリットは?

プルームテックのメリットは、煙が出ないことや灰が出ないことがあげられます。プルームテックから出るのは水蒸気なので、煙が出ないことは非喫煙者にも副流煙の迷惑がかからないのは、メリットと言えるでしょう。

葉タバコと違いタールが出ないので、車内で吸えたり室内で吸った場合に、部屋の壁紙の色が変わってしまうといったことがないのはメリットです。

灰が出ないことは喫煙所を探す手間がかからず、灰皿が汚れることもありません。匂いがほとんどないのも特徴です。

従来の葉タバコは、タバコが苦手な人に迷惑をかけたり、服に匂いが付くなどといったことがありますが、プルームテックは匂いがほとんどないので、こういったこと悩みを解決できます。

価格の面でも、他の電子タバコと比べて安価なので経済的だと言えます。デメリットとしては、味があまり良くないという口コミなどが見受けらる点です。これは、プルームテックの味が少し癖があるからかと思われます。

しかし、あくまでも葉タバコや他の電子タバコと比べた場合のようなので、初めからプルームテックを吸う人はそれほど違和感はないでしょう。

また、充電式なので当然のことながら充電が切れると使えません。充電器を持ち歩く手間などもあります。