プルームテックはニコチンが少ないから禁煙できる?離脱症状はある?

プルームテックは従来の紙巻きタバコと比較すると有害物質の量は少なめです。しかし、加熱式タバコは従来の紙巻きタバコとは吸い方が異なるので、単純に比較できません。

また、ニコチンの量が少ないが、ゼロではないことに注意です。加熱式タバコは煙がほとんど出ないので、受動喫煙の心配が少ないことがメリットです。

ところが、吸っている本人はニコチンを摂取しているので禁煙にはあまり効果がないでしょう。少量でもニコチンを摂取していたら離脱症状が出る可能性が高いです。

プルームテックのニコチン量は?

プルームテックと3つのカプセル
出典:パパシャ

ブルームテックは、紙巻たばこを燃焼をさせることで吸うのと全然違い、たばこカプセルやリキッドを低温加熱方式によって加熱し、水蒸気を吸う形になります。

燃焼をして吸う場合には有害物質を吸う懸念が生じることが多いですが、燃焼とは違う方式になるため、タールを始めとする燃焼による有害物質が少量になった点が存在します。

もっともたばこには依存症を助長する成分が含まれていますが、その主体はニコチンであり、それがプルームテックでは量に変化が存在するか知りたいのも事実です。

結論からするとニコチンの量は燃焼と加熱方式では単純に比較することができず、どちらが人体に悪いかもわからない点があります。

ただ確実的にプルームテックにもニコチンが含まれているのは事実で、それに関してはメーカーも認めているところです。なおニコチンにはイライラ・ストレスを一時的に解消させる働きが存在するので、脳がそれを良いものだと認識します。

しかしニコチンが切れてくるとイライラが生じて、離脱症状を引き起こすパターンが多いです。この離脱症状を比較すると、紙巻たばことプルームテックに違いはそれほどないと意識して吸うことが無難になります。

よってプルームテックのニコチン量は紙巻たばこと同じなので、それが切れることでの離脱症状が生じると考えた方が良いです。

プルームテックは禁煙したい人向けのタバコ?

健康のことを考えると、身体にとってはデメリットしかないのがニコチンです。これから先のことも考えて、禁煙にチャレンジしてみても、ニコチンの離脱症状という大きな壁にぶつかることになります。

ニコチンを摂取しなくなったことで、集中力が途切れたり、イライラして仕方ないなどの症状が出ることを離脱症状と呼びます。これは禁煙を開始してから1週間後にピークを迎えますが、この離脱症状が辛くて禁煙を断念する人が後を絶ちません。

離脱症状を乗り越えたい人が、イライラやだるさなどの症状を軽減するために使っているのが、最近ブームになっている電子タバコです。

前もって電子タバコを買ってから禁煙を始めると、離脱症状も怖くはありません。電子タバコのブランドはいろいろ存在しますが、最も有害物質の影響が少なくて、身体にとってリスクが少ないと評判なのがプルームテックというブランドです。

国内の大学の医学部が行った臨床実験でも、プルームテックを吸うことは禁煙しているのとほとんど同じだという研究結果が発表されています。

電子タバコに興味があるので、どこのブランドにしたらいいのかまだ迷っているという人は、プルームテックにしたらいいのではないでしょうか?

プルームテックで禁煙すると離脱症状はある?

プルームテックでは使用するリフィルにもよりますが、10本を吸引した際のニコチン含有量が約0.1から0.3mg程度で極めて低く、隣にいても臭いがほとんど感じないほどです。

その一方で一般的なタバコは1本の喫煙で銘柄に限らずニコチン含有量は、約10から20mgだと言われています。

喫煙では人間の脳内にあるニコチン受容体とニコチンが結合し、その際に僅かにドーパミンが分泌されることで満足感を得ることができます。

身体がニコチンに慣れてしまっている場合には、喫煙量を減らしたり禁煙することで離脱症状が出て不安やイライラに襲われることがあります。

個人差はありますが、もしもヘビースモーカーだった方であればプルームテックで得られる0.3mg程度のニコチンでは物足りないと感じ離脱症状が出る可能性はあります。

逆に離脱症状が出ない方であれば、徐々にニコチンの量を減らして禁煙を目指すためにも役立ちます。

基本的にプルームテックは煙や臭いを減らしてさまざまなフレーバーを楽しむためのものであり、禁煙を行うためのものではありません。

従って本格的な禁煙を目指したい場合には、離脱症状を抑えながら治療が行える禁煙外来などのクリニックに相談するのがおすすめです。

プルームテックで禁煙が成功した人は居る?

ネットサーフィンをしていると、プルームテックで禁煙した人の記事を読むことができます。禁煙は難しいことで知られています。禁煙用のアイテムでは禁煙ガムや禁煙パッチが有名ですが、最近注目を集めているのがプルームテックです。

禁煙を決意しても挫折する人が多いのには様々な理由があります。最も大きな理由はニコチン切れによる離脱症状です。プルームテックは低温加熱方式なので、気になる嫌なニオイを大幅に抑えることができます。

タバコの葉が詰まったカプセルに蒸気を通すと、蒸気にニコチンを含ませることが可能になります。タバコの害を抑えながらタバコを吸う楽しみも味わえるので、幅広い年齢層の男女に指示されています。

喫煙が周囲に嫌われる理由のひとつがニオイと汚れです。ニオイと汚れの主な原因はタールです。プルームテックはタールが発生しないというメリットがあります。

タールはタバコの葉を燃やすことで発生しますが、プルームテックはタールが発生しない仕組みになっています。タバコの葉を燃やさないので、煙の中に含まれる一酸化炭素も発生しないので安心です。

電子タバコと混同されることが多いですが、電子タバコには手間がかかるというデメリットがあります。プルームテックは電子タバコのデメリットが一切なく、健康に注意しながらタバコを吸う気分を楽しめます。