プルームテックの新色は何色?プルームテックプラスの方が色は豊富?

ブルームテックプラスはアイアングリーンとディープバイオレットのほか、ライムイエローとスカイブルーといった新色が加わり、これまでの種類と合わせて合計で8色となりました。

一方のプルームテックは発売以来多くの利用者から愛用されている標準的な黒と白のほか、伝統工芸や最先端のデザインが融合したCROSS THE BORDERシリーズの黒を基調にした10種類、白を基調にした10種類の合計で22種類となるため、現時点で色が豊富なのはプルームテックとなります。

プルームテックの本体カラーに新色が出た?

模様違いのプルームテック
出典:Ploom TECH

プルームテック・プラスに4つの新色が登場しました。プルームテック・プラスとはJTが展開している低温加熱型タバコで、現在幅広い年代層に支持されています。

昨今の禁煙ブームの流れを受けて、そうした煙が発生しないタバコの需要が伸びています。紙巻の場合は色にバリエーションが少ないですが、プルームテックでは、合計12色ものカラーバリエーションが実現されているわけです。

単に吸って楽しむだけでなく、視覚的にも楽しめます。JTでは全国のプルームオンラインショップで、新色のプルームテック・プラスを展開しはじめました。

今回追加されたのはアーバン・アイアングリーン、アーバン・ディープバイオレット、リラックス・スカイブルー、リラックス・ライムイエローの4色です。同色のカートリッジカバーも、4色揃って販売されています。

プルームテックはいつでも吸えて、いつでも辞められるのが大きな魅力です。それゆえ時間を気にしないで楽しめるので、経済的でもあります。1吸いだけして、残りは後で吸うことも可能です。

さらに臭いが限りなく無臭に近く、周囲の迷惑になることがありません。吸った時に発生する煙は、全て水蒸気で成分も食品添加物なので安心な成分になっています。

プルームテックよりプルームテックプラスの方が色が豊富?

低温で加熱するタイプのプルームテックは、タバコ専門店や公式サイト、コンビニエンスストアからでも購入できます。

初代モデルとなるプルームテックは30度で加熱するのですが、後に改良された商品にはプルームテックプラスがあり、こちらは40度で加熱する仕組みです。

どちらを選ぶのかは利用者の好みによりますが、本体の色で比較してみると、新しいプルームテックプラスの方が色が豊富ではと考えがちです。

2019年5月時点ではプルームテックはホワイトとブラックの2色を基本としながらも、それぞれの色に独自のデザインを施している機種が20種を超えて販売されています。

一方でプルームテックプラスの方もブラックとホワイトをメインにしていて、限定の新色としてイエロー・グレー・ブルー・パープル系の4色、合せて6色を販売しています。

本体の基本ベースになる色で見た場合は、プラスの方が豊富な数を有していることになりますが、新しいモデルの場合は今後も新色が発表される可能性が高いとも判断できるのではないでしょうか?

更に本体に被せることができる、カバーを別途販売を行っているので、このアイテムを購入するとカラーバリエーションの幅は広がります。限定色はいつ無くなるか分かりませんが、多くのユーザーを確保できた場合は今後の新色にも期待できます。

プルームテックプラスの特徴は?

プルームテックは、JTが展開している低温加熱式タバコです。新しいフレーバーが出たり新色が出たりと話題が多いプルームテックですが、プルームテックプラスも話題になっています。

プルームテックプラスは、従来の製品よりもタバコの量を増やした製品です。専用カプセルのタバコの葉を増やしたことで、喫煙の満足感を上げています。

基本のカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色のみでしたが、上品なアーバンシックカラーとリラックスモードカラーが追加されて全10色になっています。新しいシリーズは、オンラインショップでも全国の専門店でも発売されます。

プルームテックプラスは従来品と比べて若干長く太くなっています。加熱温度も10度高くなって40度です。加熱温度が高いとタバコの味わいが増すので、吸い応えがあります。

リキッドを内包できるリキッドタンク方式になったことで、従来のプルームテックでは物足りなかった人でも満足感を得られやすいです。リキッドタンクには小窓が付いているので、カートリッジを交換するタイミングも把握しやすくなっています。

本体の中央にボタンがあり、電源のオンとオフが簡単にできるのも利点のひとつです。電源を入れれば、吸い込むたびにスイッチが自動で入ります。

プルームテックプラスに限定カラーはある?

プルームテックプラスには、オンライン店と専門店限定の新色がありますが、それはそこでしか買えないので限定カラーと言えるでしょう。

リラックスシリーズとアーバンシリーズの2つから2色が登場しましたが、通常にはない色合いなので目立つこと間違いありません。他人と被るのが嫌だという方は、限定カラーの方が被ることはないので選ぶことをおすすめします。

アクセサリーについても、新色に合わせてそれと同じ色を使ったケースが販売されています。同じ色を選べば持ち運ぶ時もおしゃれな感じがして所有していて満足感を得られるはずです。カートリッヂカバーも新色に合わせて登場しています。

カートリッヂカバーのみを交換して従来の色と混ぜて使うこともできます。これも、他人と違った使い方になるため、他の人とは差別化がしたいという人に向いているでしょう。

これからもプルームテックプラスにはどんどん新色や限定カラーが登場してくることが想定されます。その理由は、従来型のプルームテックが限定カラーの展開を積極的に行っているからです。

そのため、新しい色を欲しいと考えている方は、公式ホームページをこまめにチェックして新色が出ないかどうかを見てみると良いでしょう。