プルームテックのカートリッジを再生したり復活させる方法はある?

プルームテックのカートリッジは再生したり、復活させることもできます。この方法は編み物用の5号サイズのかぎ針とリキッドが必須、リキッドボトルとスポイトもあると便利です。

カートリッジ内に穴のある蓋があるのでかぎ針を引っ掛けて蓋を抜き、内部の綿にリキッドを染み込ませます。ただし、穴の部分に注ぐとバッテリーが壊れるので注意します。

その後、外した蓋を戻して押し込みますが強く押し込むと液漏れするので、強く押す必要はないです。

プルームテックのカートリッジは再生出来る?

リキッド道具

プルームテックのカートリッジは再生して使うことも出来ます。これを行うにはまず道具を揃える必要があり、カートリッジの蓋を外すために編み物用の5号サイズのかぎ針、再生させて使うためのリキッドが必ず用意します。

このリキッドを入れておくボトルや注入の際に使うスポイトはなくても再生できますが、あった方が便利です。

これらの道具は100円ショップなどでも販売していますが、1つずつ買い揃えるのが面倒であればインターネット通販で調べれば再生キットが一式で扱われているので、それを購入しても良いでしょう。

再生するときには、カートリッジの中にある穴の開いた蓋にかぎ針を引っ掛け、少し力を入れて引き抜きます。この蓋は再生後になくても使えるので捨てても構いませんが、戻すのであれば失くさないようにします。

蓋を抜いたカートリッジを見ると白い部分がありますが、ここが綿でリキッドを染み込ませている部分です。中央の穴はリキッドが入るとバッテリーが故障するので、入り込まないようにカートリッジの壁を這うようにしてリキッドを綿に注入します。

これで再生は完了ですが、蓋を元に戻す場合、強く力を入れて押し込むと液漏れやミストの出が悪くなるなどの問題になるので注意します。

プルームテックのカートリッジは再生して吸っても大丈夫?

プルームテックは出荷台数も、他社の電子たばこに匹敵するぐらいで、現在は400万台も出荷されている事情からも飛ぶ鳥を落とす勢いが存在します。

プルームテックの構成は、カプセル、カートリッジ、バッテリーの三つのパーツで構成されております。その中でもカートリッジにはリキッドが注入されており、それを加熱することでたばこカプセルの味が付いた水蒸気を吸う形になっています。

プルームテックはカートリッジにリキッドと呼ばれる液体を注入されていますが、それは一つで270~300回程度を吸うことはできます。

加熱してリキッドを水蒸気にしますが、当然にそれが吸うたびに減量していくのは事実です。減量したかどうかに関しては、専用の窓が存在するのでその窓からリキッド量を確認することができます。

もっともカートリッジは、そのままの状態でリキッドだけで注入する方法もあり、webサイトでもその方法を掲載されています。プルームテックのカートリッジの再生の方法であり、実際にその方法でもリキッドの補給を行うことができ、吸うことが可能です。

なおカートリッジを再生することもできますが、その美味しさに違いが生じることもあり、長期にわたって使い続けているとカビなどが生える恐れもあります。定期的に交換して利用した方が無難なのも事実です。

プルームテックのカートリッジは復活出来る?

味や刺激が無くなったり苦い味しかしなくなってしまったプルームテックのカートリッジは、復活させて再利用することが可能で、非公式ながらカートリッジ再生キットなどの商品も販売されています。

カートリッジ内部には小さな穴が開いたキャップがあり、これをかぎ針などを使用して取り外すと中にはコットンが入っています。

このコットンにさまざまなフレーバーのリキッドが染みこんでおり、加熱されることでミストが出て吸引すると言う仕組みです。

ここで注意したいのがコットンの状態で、もしも焦げていた場合は寿命を迎えており新たに購入するのがおすすめです。

通常プルームテックのリキッドは販売されていませんが公式サイトなどで成分は公表されており、この成分は電子タバコのVAPEと同様の成分であることからよく用いられていますが好みで選んでも構いません。

カートリッジの穴にリキッドの容器の先端を挿入して1滴1滴垂らしおおよそ20滴程度が最適で、これ以上注入すると接続時に漏れてバッテリーに接触して発火するなどの恐れがあるため細心の注意が必要です。

最後に先ほど外した小さな穴の開いたキャップを挿入して元に戻し、カートリッジをバッテリーに接続してタバコカプセルを装着すれば見事にカートリッジが復活します。

プルームテックのカートリッジは復活させると不味い?

プルームテックは、煙の代わりに水蒸気を吸う形になる電子たばこですが、そのメインはカートリッジです。

プルームテックのプラスが新登場しましたが、カートリッジに注入されているリキッドの量が増量になっている点からもさらに使いやすく、吸い心地もアップしています。

もっともカートリッジは吸う回数によって交換を必要とされる特徴を持ち、そのタイミングに迷うこともあります。

まずリキッドの空焚き状態で利用していると、焦げ臭いにおいになることもあり、他にも綿が焦げることで有害物質が出る恐れも存在します。

従って、リキッドがない状態での使用はしないことがポイントです。なおネット上でもカートリッジを購入すると費用がかかるので、それを節約する上でもリキッドを継ぎ足して利用した方が良いとする意見もあります。

プルームテックのカートリッジを復活させる方法は、リキッドを注入する形になるため、それで復活させれば長期的に利用することが可能です。

ただ長期的に利用する場合には、カートリッジをそのまま利用していることもあり、ゴミの付着や汚れ、カビなどが発生することもあります。

つまり汚れなどが付いたままになったりすると、それが影響して味が悪くなってしまう可能性も存在します。そのためカートリッジは定期的に交換するのが良く、1ヵ月以上は復活させて利用しない方が良いでしょう。